その答えが見えてきます!

トップページ > タロットから読み取る復活愛の展望

復活愛に役立つのはタロット占い!

復活愛を目指すとき、ついつい考えてしまう気がかりなポイントというのはたくさんあるものです。

○自分の何が悪かったのかわからない
○いま相手が何を考えているのか、相手の気持ちを知りたい
○復活愛できる可能性はどのくらいあるの?
○復縁できたとして、その後ずっと順調に過ごせるのか気になる

考えれば考えるほど心配事だらけで、どこから処理していったら復活愛できるか分からなくなってしまいますよね。
そこで復活愛を望む多くの人は占いに頼ってみるのですが、中でもタロットを選択する人は多いです。

なぜだと思いますか?

それは、まずタロット占いならば、復活愛にまつわる上記のさまざまな悩みに一気に答えてくれる可能性があるからです。タロットの占い方法の中には、1枚から占うものもありますが、10枚以上のタロットを使用する占いかたもあるのです。タロットは置かれた位置によって、「相手の気持ち」や「今後の対策」、「二人の未来」など、復活愛にまつわる聞きたいことをそれぞれ教えてくれますから、極めて個別性の高い回答を得ることが出来るのです。
また、そもそもタロット自体が、恋愛事に向いているという事実があります。
占いには種類がありますが、占える内容はそれぞれに向き不向きがあるのです。
たとえば、名前によって占う姓名判断は、自分自身の性格や傾向、相手との相性も占えますが、どちらかと言えば大きな方向性や全体的な運命を占うのに適していて、詳細な問題や変化する状況を判断することは苦手です。

タロットは、基本的には何でも占えるのですが、中でも論理的に解決できない問題や目に見えない悩みをはっきりさせることを得意としています。
人間関係や仕事の悩み、精神的な問題など、変化しやすい状況に対応できるのです。
そして、遠い未来よりは近い未来を判断することに適しています。

もちろん、占いというのは、未来を予知するものではなく道標を作ってくれるものですから、タロットで何もかもが解決するわけではありませんが、復活愛へ進むために少しでも自分の悩みを明確にして理解したいと考えるのであれば、タロット占いは非常に効果的だと言えます。

■タロット基礎知識

タロットで復活愛について占う前に、そもそもタロットってなんだろう、というところから簡単に説明をしていきます。

タロットには500年以上の歴史があります。
現代にあるタロットのもととなったタロットカードは、諸説ありますが15世紀のイタリアで作られたとされています。
そもそもは占い用ではなくゲーム用に作られたと言われていますが、はっきりとした来歴はわかっていません。
その後、多くの神秘主義者たちが改良していき、現代までにさまざまな種類の絵柄や解釈を編み出していきました。
一節には、トランプがタロットから生まれたとも、逆にタロットがトランプから生まれたとも言われています。

タロットは1デッキフルセットで78枚です。
78枚には2種類の区分があり、22枚が大アルカナ、56枚が小アルカナと呼ばれています。
「吊された男」や「運命の輪」といったタロットの名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
このように個別に名前がついているタロットはすべて大アルカナです。

大アルカナは、人生において人が直面する重要な出来事や教訓を表していて、小アルカナは日常的な出来事を表しています。
これからタロットを始めようという人は、まず大アルカナの意味を学びましょう。
基本的なテーマは大アルカナだけでも占うことが出来ます。
どうしても詳細な喜怒哀楽、小さな出来事まですぐに占いたいということであれば、小アルカナも合わせて覚えましょう。

それらのタロットを使って、数多くあるスプレッド(展開法)の中から、占う内容に適している並べ方を選んでタロットを広げます。
1枚1枚のタロットにそれぞれ違った意味があり、タロットが置かれた位置によって占いの答えを導きます。
タロットは1枚で意味をはっきりとリーディング(解釈)するのではなく、全体の方向性を見ながら微調整していきます。
複数のタロットをどうリーディングしていくかが難しいところではありますが、タロットはあなた自身が気づきにくい問題や、物事の側面に注意を向けさせてくれる存在です。
タロットが示す全体の流れを掴むことが出来れば、適切なアドバイスを受け取れるでしょう。

■タロットデッキの選び方

タロットデッキはさまざまな種類のものが売られています。本来であれば、自分がこれだ!と感じたものを選ぶのが一番ではあるのですが、中にはあまり初心者にオススメ出来ないカードもありますので、初めて持つのにふさわしいカードデッキを紹介したいと思います。
まずオススメしたいのは、現代に存在するタロットの基盤となっている「ウエイト版」というカードデッキです。
基本となっているだけあり、タロットの絵も分かりやすく、意味を読み違える可能性が格段に低いと思われます。
伝統的なカードデッキが欲しいのでしたら「マルセイユ版」も良いかもしれませんが、実践的に占いを試したいのであれば、やはりウエイト版を推します。
タロットデッキの中には極めてデザイン性が高く、非常にロマンチックな絵柄であったりスタイリッシュな絵柄であったりするものがあるのですが、これはあくまでタロットにある適度慣れている人向けのデッキであるとご理解ください。
タロットの持つ意味を事前に知っておくこと以上に、占う中でタロットを見たときに直感するイメージが大切になっていきますから、見ただけで容易にイメージが湧かないカードは選ばないようにしましょう。
大きさについては、小さすぎず大きすぎず、自分が混ぜるときスムーズにいくようなサイズのものを選ぶようにしてください。
また、日本語の詳細な解説がついていることも重要です。
中にはすべて英語で書かれているものや、大雑把に簡略して書かれているだけのものがありますから注意が必要です。

タロット占いをするための手順

実際に復活愛についてタロット占いを試してみましょう。
タロットから読み取れる復活愛の展望についても、各タロットのページでいくつかご紹介していますから、リーディングの参考にしてくださいね。

■展開法【スプレッド】について

スプレッドとは、タロット占いをする際に特定の形に並べる展開法のことを指しています。スプレッドにもいろいろな種類があり、占うテーマによって使い分けることが出来ます。
復活愛を叶えたい人にオススメなスプレッドは、4枚のタロットを選び出す【タイヤモンドクロス・スプレッド】という並べ方です。
このスプレッドは、復活愛はもちろん、二人の相性や未来を知るのに非常に高い効果を発揮するのです。自分と相手の気持ちがどういうふうに変化していくのか――恋愛問題など復活愛に関することはもちろん、友人関係や職場での人間関係など、さまざまなテーマに応用することが出来ます。大アルカナだけを使い、また4枚で占えることから、初心者でも簡単に配置が象徴する意味を覚えることが出来るでしょう。

■ダイヤモンドクロス・スプレッドのやり方

1.占いたいテーマを頭の中でしっかりと考えながら、22枚の大アルカナをよくシャッフルしてください。(「復活愛は成功するか?」など)

2.タロットを裏向きの状態でひとつにまとめます。このとき、タロットは自分に対して横向きではなく、縦になるようにまとめましょう。

3.カードの山の中で、好きな場所から1枚ずつタロットを4枚引き抜き、図の①~④の位置まで順番に置いていってください。このとき、上下が逆にならないよう気をつけてください。自分でカードを集めたとき、自分から見て上になった方がそのまま上に来るように置いてください。

4.心を落ち着けてタロットをめくります。めくるときも、上下が逆にならないよう注意してください。

それぞれの位置のタロットが示す意味は以下の通りです。

〈①あなたの気持ち〉
あなたがいま抱えている問題点や、どんな気持ちをしていて、どのようなことを不安に感じているかを示します。あなた自身が気づいていない深層心理も表します。

〈②相手の気持ち〉
相手がいま、何を考え、なにをしようとしているのかを示します。相手が表面上に出している部分以外にも、その内に秘めた本心や、あなたを本当はどう思っているのか、これからどういう方向へ進んでいこうと考えているかなどを表します。

〈③二人の現状〉
あなたと相手、二人の現状を示します。今の段階で、復活愛の可能性はあるのか?可能性が低いのなら、それは何が原因か?どんな対策をとるべきか?いまの二人が抱える問題や解決方法などを知るヒントにしてください。

〈④二人の未来〉
近い未来、二人の関係がどのようなものになっていくかを示します。復活愛を果たせても、その先は明るい未来が待っているのか?また別れの危機が来ないか?二人の関係性がどのように変化し、どのような未来を描くのかを知るヒントにしてください。

■タロットの表す意味

タロットは大きく分けて大アルカナ・小アルカナに分かれると上でお話しました。
ここでは大アルカナ・小アルカナの大まかなタロットの説明をしていきます。
ちなみにアルカナとは、「神秘的な、秘儀の」というような意味の単語です。

《大アルカナ》

大アルカナは0番目のカード【愚者】から21番目のカード【世界】までの22枚のカードで構成されています。
それぞれのタロットが象徴するものですが、「自由」、「愛情」、「力」など、人生において非常に重要かつ普遍的とされるテーマを扱っています。

大アルカナが表す意味を、それぞれのタロットごとに詳細にまとめました。
基本的な意味から、タロットから読み取れる復活愛の展望を例を挙げて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

0【愚者】/1【魔術師】/2【女教皇】/3【女帝】/4【皇帝】/5【教皇】/6【恋人達】/7【戦車】/8【力】/9【隠者】/10【運命の輪】/
11【正義】/12【吊された男】/13【死神】/14【節制】/15【悪魔】/16【塔】/17【星】/18【月】/19【太陽】/20【審判】/21【世界】

※各タロットのページに復活愛の展望に関わるリーディング例を載せていますが、ほかの位置のタロットとの兼ね合いによって意味も変わってきます。あくまでリーディングの参考程度の一例ということをご理解いただけますと幸いです。

《小アルカナ》

小アルカナは56枚で構成されており、大アルカナが人生におけるターニングポイントを示すのとは違い、小アルカナは日常の出来事や状況を示します。心の浮き沈みを指摘したり、日常的に起こる小さな問題に対する決断をするために、タロットが細やかに手助けをしてくれるのです。

小アルカナはトランプとよく似ています。
トランプにはスペード、ハート、ダイヤ、クラブの4種類の組があって、その中に1~10までの数札と、ジャック、クイーン、キングの人物札がありますよね。
小アルカナにも、4種類の組と、その中に数札、人物が書かれた札があるのです。
4種類の組は「スート」と呼ばれ、その内訳は、
ソード(剣)
カップ(聖杯)
ワンド(杖)
ペンタクル(金貨)
となっています。
これらは宇宙の4大元素を象徴しており、ソード=風、カップ=水、ワンド=火、ペンタクル=地を表しているのです。

各スートの中には、1~10までの数札と、ページ、ナイト、クイーン、キングと呼ばれる人物札(コートカード)があります。
トランプが4絵柄×13枚なのに対して、小アルカナは4スート×14枚=56枚となるのが少し違いますね。
この合計56枚で、大アルカナの細かなサポートをするのです。
数札は過去・現在・未来の出来事を示したり、これから立ちはだかる困難やそれに対するアドバイスなどを教えてくれますが、特に人物札は、そのまま人生に登場する人物や、本人自体を直接示すことが出来ます。

また、こちらもトランプと違う点ですが、小アルカナの数札にも大アルカナや人物札と同じように、1枚1枚絵が異なっている点です。
もちろんタロットが示す意味もそれぞれ細かく違いがあります。
たとえば、ソードの1の正位置は「強い意志」を暗示しています。
正位置、逆位置で意味が変わることも含めると、全部意味を覚えるとなると少し大変かもしれません。
とはいえ、絵は1から順にストーリー仕立てになっていますから、覚えるのも楽しいかもしれませんね。

■タロット占いをするとき、注意しなくてはいけないこと

タロット占いは、どんなやり方をしても正しく占えるというものではありません。
間違った方法をとると、復活愛への道が見えなくなってしまうかもしれません。
以下にタロット占いをするときの注意点をまとめましたので、ぜひ効果的に占いを実践してくださいね。 

《同じテーマで何度も占ってはいけません》

どうしても結果が気に入らなかったり不安を覚えてしまうために、何度も同じテーマでやり直してしまう人がいますが、これはNGです。
「さっきはこういう結果が出たけど、そうは絶対にならないはずorなってほしくない」と出るカードを無意識に選定してしまうようになり、
だんだんと真実から遠ざかってしまいます。
復活愛に希望を持ちたいのは分かりますが、まずは現状を冷静に判断することが大切です。
良い結果だけを受け入れて、自分に都合の悪い結果は見なかったことにするという傾向がある人は注意してください。
自分の満足のいく結果しか認めないのであれば、それはもう占うこと自体が間違っているのです。
同じテーマで占いたいのでしたら、少なくとも数ヶ月は間を空けてからにしてください。

《キーワードの丸暗記で読みとくことはオススメしません》

キーワードを丸暗記すれば完璧なリーディングが出来るかと聞かれれば、そうではないと答えなくてはいけません。
出たタロットが意味するキーワードをただ当てはめるだけなら、答えはいつも同じようなものになってしまいますよね?
占うテーマを扱っても、状況や関わる人間によって結果はそれぞれ違うものになるはずです。せっかくタロットがアドバイスをくれているのに、リーシングがとんちんかんではもったいないです。
「キーワードを覚えるだけでも大変なのに、臨機応変に読み方を変えるなんて難しそう」……そう思った方もいるでしょう。
ですが、あまり難しく捉える必要はありません。

まず、心を落ち着けて1枚選んで見ましょう。そしてその絵柄をじっと見てください。
そのタロットからどんなイメージが浮かんだでしょう。
簡単なことでいいんです。たとえば、「この女性は優しい感じ」でも大丈夫です。
それがそのタロットのキーワードとなります。
「え?そんな簡単でいいの?」と思われるでしょうが、簡単でいいのです。
タロット占いに必要なのは直感力や想像力です。解説本によって載っているキーワードが微妙に違っているのはつまりこういった理由で、人によって受けるイメージが異なるためです。
そうやっていくうちに、複数のタロットを並べたときでも、「このタロットのイメージとこのタロットのイメージはこうだから、タロット同士はあまり仲良くなさそう=関係が悪化する」という風に大きなイメージとなり、流れを考慮に入れたリーディングが出来るようになるのです。
ですから、ガチガチにキーワードにこだわらず、まずは自分がイメージしたものを覚えておいてください。そして自分が感じたイメージを大切にしながら、本来の意味と照らし合わせてみましょう。
そうすることで、ただ単語を覚えるよりも格段にはやく理解できますし、タロットがグッとあなたの身近なものになるでしょう。

■最後に

復活愛を叶えることは簡単ではありません。
暗中模索の日々に疲れを感じてしまったときには、さまざまなアドバイスを与えてくれるタロット占いをして、不安の解消や方向性の決定に役立ててほしいです。
ですが、タロットに頼りすぎてはいけません。
たしかに自分一人で悩んでいたとことでタロットの暗示を受けると、不思議と安心感を得られるものかもしれません。
その暗示に従ったことで、幸運にも良い結果が得られたとなれば、ますますタロットを信頼していくでしょう。
しかし、安心できるからといってタロットに言われるがままでは、自分で自分の意思や行動を持つことが出来なくなってしまう危険があります。
復活愛するための行動の主体はあくまであなた自身であることを忘れないようにしてください。
タロットは、あなたが立ち止まってしまったとき、どうしても不安でしかたがないときにだけ占うようにしてくださいね。

初回無料 おすすめの占いサイトを利用する